タダシップ 副作用

注意!タダシップの副作用を知っておこう

 

男性の性生活をサポートする“タダシップ”。
効き目がゆっくりなため
副作用も比較的出にくいとされていますが、
全くないとは言い切れません。

 

薬が体に合わなかった場合
どんな副作用が考えられるのか、
服用前にチェックしておきましょう。

 

 

タダシップの副作用を知っておこう!

 

タダシップの主な副作用には
次のようなものが挙げられます。

 

  • 頭痛
  • ほてり
  • 目まい
  • 動悸
  • 倦怠感
  • 消化不良(腹痛、下痢、嘔吐、胸やけなど)
  • 鼻づまり
  • 口の渇き
  • 筋肉痛
  • 背中の痛み

 

特に起きやすいのは
頭痛、ほてり、消化不良と言われています。

 

ただしこれらは起きても軽度なもので、
自然と治まることがほとんどのようです。

 

ごくまれに見られる大きな副作用には
次のようなものが挙げられます。

 

  • 発疹
  • 蕁麻疹
  • 皮膚炎
  • 顔のむくみ

 

日本国内では257例中70例の副作用が報告されているようです。

 

割合的にはそこまで多くはありませんが、
医薬品の一つですから
過剰摂取や飲み方には十分注意する必要があります。

 

 

他の薬との飲み合わせにも注意!

 

他の医薬品との併用で、
上記に挙げた副作用が強まってしまう可能性もあります。

 

タダシップと併用が禁止されているのが、
狭心症の治療に使われる“硝酸剤”です。

 

“ニトログリセリン”をはじめ、
“亜硝酸アミル”“硝酸イソソルビド”などは
併用しないようにしましょう。
血圧が低下してショック状態となる恐れもあります。

 

この他にも
併用に注意が促されている医薬品は多くありますので、
現在他の薬を飲んでいるという人は
独断でタダシップを服用するのは避けましょう。

 

 

副作用を起こさないためのポイント

 

副作用なく安全にタダシップを服用するための
ポイントをまとめました。

 

  • 用法用量を守る
  • 最初は1/2錠から始めてみる
  • 体調の良い時に服用する
  • 他の医薬品との併用に注意する

 

トラブルが起きないよう、
正しい飲み方でタダシップを取り入れていきましょう。

 

>>タダシップ 通販へもどる