タダシップ 飲み方

タダシップの効果を引き出す飲み方とは?

 

タダシップを服用しているのに
なかなか効果が表れないという方も少なくないのではないでしょうか。
もしかすると、今飲んでいるタダシップの飲み方を間違えている可能性があります。

 

今回は、タダシップの正しい飲み方と、飲み合わせてはいけない物を紹介します。

 

 

正しいタダシップの飲み方

 

タダシップを飲む際に、しっかりと水で飲んでいますか。

 

水と言ってもミネラルウォーターが良いです。

 

タダシップは、体内へ濃い状態で入らなければ効果を発揮しないので、
飲む際には、あまり水をがぶ飲みすると効果が薄れてしまいます。

 

そこで、タダシップを服用する際には、
ミネラルウォーターを一口含んで飲むようにしましょう。

 

こうする事で、タダシップが薄まらずにしっかり体内に
濃い状態でとどまってくれるのです。

 

さらに、タダシップは濃い状態で体に吸収されなければ意味が無いので、
吸収をしやすい状態で飲む事も大切です。

 

一般的に薬を吸収しやすい状態というのは、空腹時ですよね。

 

満腹時だと吸収するのを阻害してしまうので、
完全に体内で吸収されにくくなってしまいます。

 

タダシップを服用する際には
空腹時に、ミネラルウォーター1口分と一緒に飲むのが正しく、
効果を発揮させる方法だといえます。

 

 

タダシップの飲み合わせについて

 

服用する際に飲んではいけないのが、アルコールです。

 

EDでなくてもお酒などのアルコールを飲むと勃起力が半減してしまいます。

 

実際アルコールを飲み過ぎると半減どころではない事もありますよね。

 

EDを改善させるためにタダシップを飲んで25%の勃起力が80%まで回復できても
アルコールのよって40%まで下げられてしまうので、
アルコールとタダシップは併用しないようにしましょう。

 

また、タダシップ系の薬でよく聞く話が、
食事などには左右されないから何を食べても大丈夫ということです。
しかし、これは違います。

 

厳密に言うと食事に左右されますので注意が必要です。

 

左右される基準が正確にはあり、食事の総カロリーを800calまでとされています。
そのカロリー量よりも多く食事をとってしまうと効果が表れにくくなってしまうので注意しましょう。

 

あと、タダシップを飲む際にお茶やジュースなどで飲む人もいるかもしれません。

 

実は、お茶やジュースで薬を飲むと、余計な成分によって
薬が体内へ吸収されるのを阻害してしまう傾向にあります。
タダシップが吸収されにくくなってしまい
効果があまり表れない原因になってしまうのです。

 

せっかくタダシップを服用するのであれば、しっかりと効果を発揮させて、
パートナーとの素敵な夜を取り戻したいものです。

 

そのためにも、正しく服用して最大限の効果をタダシップに発揮してもらいましょう。