タダシップ 半分

タダシップは半分でも効果ある?半分にする飲み方の注意点

 

タダシップ服用中の人で
錠剤を半分にすることで少しでも節約しようと考えている人は多いです。
薬代が高いですからね。

 

しかし、本来1錠飲まなければいけないのに
半分だけしか飲まないのは効果の出方に差がでそうですよね。

 

今回はタダシップを半分にして飲む際の効果について紹介します。

 

 

半分にしても効果はあるのか

 

基本的に半錠でも効果はあると言えます。

 

飲み始めは誰しも不安がある事でしょう。
効果やアレルギー反応などを確認するために、半分にするのは、
正しい方法です。
もしも副作用が発生した場合にも
1錠服用している時よりは症状が軽くなると考えられますので、
有効的な服用法となります。

 

しかし、半分しか飲まないと、その分、
最高血中濃度から半減期への移行時間が短くなります。
よって、効果の持続時間が通常よりも短くなってしまう事はあるでしょう。

 

 

タダシップを半錠しか服用しない時の注意点

 

タダシップを半錠しか服用しないからと言って、
何か特別な症状が体に表れるという事はありません。
効果が半減してしまうくらいです。

 

しかし、効かないからといって、後からもう半錠
服用するのであれば、最初から1錠で飲むべき
です。

 

量的には問題が無くても、
血中濃度が一日2回高くなるのは体に負担がかかるからです。

 

ですから、効果が持続しないから後から追加で半錠飲むのは
避けるべきだと私は思っています。